SEOも検索避けもしない

書きたいことも書けないこんな世の中じゃ……ぽいずん

【MeseMoa.】どうして団塊ジュニア世代のBBAがめせもあ。を好きになってしまったんだろう

MeseMoa.(めせもあ。)というグループ名を知ってから1カ月足らず。

暇さえあれば(ほんとは暇じゃない)過去の動画やらを漁っています。

ハマりたての多幸感といったらハンパないですねー。

 

今回はいかにして40代のオバサンがめせもあ。沼にドボンと落ちたか書いていこうと思います。

友達や親御さんを沼に引きずり込む参考になる…かな?

BBA、オタク再燃【但し若干燻り気味】

昨年偶然視聴したホビアニでン十年ぶりにオタク復活。

あ、ホビアニとはおもちゃやゲームなどの販売促進向けに作られた子供向けアニメのことです。

 

ヲタ復活したホビアニとは「新幹線変形ロボ シンカリオン

現在もTBS系列で土曜日朝7時から放映中です(宣伝)

 

全国各地のショタ少年(女の子やオジサンもいる)たちが、新幹線変形ロボットで戦うというストーリーなのですが、そこでのキャラクターが非常に魅力的に描かれています。

ファンアートも盛んで、美麗なイラスト、キラキラやドロドロの妄想を形にした漫画や小説、それはもう楽しく拝見させていただきました。

 

いやぁオタク楽しい、ヲタク万歳。

ホビアニということで、お子さんと一緒にアニメを観ているお母さんが多く、Twitter等で二次創作物を提供してくださる方々も30代以降が多いです。

BBAオタクやってても、全くもって問題ナシ!

(個人的に30代は全くもってBBAじゃないと思っています)

 

シンカリオンの放映が当初の予定より延長され、自分としては当初の盛り上がりが少し落ち着いてきました。

ホビアニはおもちゃを買ってもらってなんぼの世界。

アニメでおもちゃに紐づく新しいメカが登場するのと反比例して、純粋にアニメを楽しむ気持ちが少しずつクールダウンしています。

かっこいいメカの変形シーンに時間を多く取ったりとか、あーこれはおもちゃを買わせたいんだろうなって。いや、CGも美しいし本当にかっこいいのですけど。

突然アレが降りてきた

ある日突然(平成31年4月23日だった)、記憶の片隅から「黄色5」が降りてきました。

黄色5とは、2000年に実施されたハロプロのシャッフルユニットで、他にあか組4や青色7などがありましたね。

「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」がなぜか突然聴きたくなって、当時激ムズと言われてメンバーが苦戦していたひよこダンスも観れるかなとYoutubeで検索したわけです。

検索ヒットした動画を視聴し(公式ではないみたいなのでここではリンク貼りません)あー懐かしいなー、なっち可愛いなー、圭ちゃん子育て頑張ってるんだろうなーなんて思い出に浸っていたら、関連動画に出てきたのがこちら。

男5人か…

帽子かぶってる人むっちゃ飛んでるし、いっちょ観てみるか。 

とまあ軽い気持ちで視聴してみたわけです。

 

…。

 

いやービックリしました!ダンスは本家以上かも(失礼)

あ、この人たち、Youtubeチャンネルあるのね。他のハロプロダンスとか観られるかしらん。

 

今思えば、このYoutubeチャンネルをポチったことが沼への入り口だったのかも知れません。あな恐ろしや。

【Vampire Kiss】を聴く

 MeseMoa.?なんて読むの?あーアイドルの人たちなのね。

とりあえず流れていたMV「Vampire Kiss」を作業しながら聴いてみました。

この時点でまだ映像は観ていません。


【MeseMoa.】Vampire Kiss【2nd album】

まず曲調が好みでした。

ユーロビートやトランスといった曲調が好きな人にはすんなり受け入れられると思います。

 

いい感じだったのでMVをちゃんと観てみようともう1回再生してみました。

 

…。

 

ぎゃあ!(語彙力)

 

美しい男の人たちが互いの首筋を噛み合い、MVの最後にトドメの接吻です。

やばやばのやばい、やばやまやばのすけです。

やばい、やばいぞ、40過ぎでこの語彙力。

 

とにかく、それからはMVを鬼のようにリピート。

めせもあ。のMV初視聴から3日かけてメンバーの名前と顔を覚えました。

知れば知るほど興味深いです。ぬまがふかすぎる

BBAがはまる、めせもあ。の魅力3つ

古参のファンの方に「もう知ってるよ!」と怒られそうですが、団塊ジュニア世代のオバサンもはまるMeseMoa.の魅力を3つほど紹介します。え、3つじゃ足りないって?とりあえず3つに絞ってまとめたのでご容赦ください。

その1:懐かしい曲や人気の楽曲を「踊ってみた」で再現

メンバー全員がニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリー出身の人たちなので、公式チャンネルにもダンスカバーがたくさんあります。

グループのリーダーとサブリーダーがハロプロヲタということもあり、ハロプロダンスカバーだけでも十数本。

ワタシは黄色5で引っかかりましたが、「ザ☆ピース」や「恋のダンスサイト」あたりのカバーダンスは30代後半から40代にも刺さるのではないのでしょうか。


【2年前】男9人で モーニング娘。 恋のダンスサイトを【踊っていた】

他にも韓流の楽曲の「踊ってみた」もいくつかあるので、お好きな方にオススメです。

その2:グループ結成から現在までのストーリーがエモい

ド新規の人間がツラツラと語るよりもこちらのWEBマンガを読んでいただいたほうが分かりやすいと思います。

約1年前に公開された漫画で、結成から6年間の軌跡を60ページ近くのボリュームでまとめられています。PCならクリック、スマホならタップして読み進めることができます。

偶然で集まったメンバーが、ハロプロの聖地である中野サンプラザでの単独公演を実現させ、今では武道館のステージに立つことを目指しているという。ノンフィクションですってよ。奥さん。

その3:オタク(微腐)も楽しめるプロモーション

2年ほど前にリリースされたアルバム曲でメンバー同士のキスでMVが話題になったそうで、その筋の方々には大変美味しいコンテンツだと思います。


【MeseMoa.】Shadow Kiss 30秒ver【1st album "Secret"】

(何故かはてなブログYouTube貼り付け機能で公式MVのフルバージョンを探しても検索で出てこない。もしかしたらサムネがヤバイから???)

 

ちなみに公式からのお知らせによると、メンバー間の恋愛はOKとのことです。お、おう…。

MeseMoa.の前身「むすめん。」時代の呟きですが、今も基本的に考え方は変わっていないようです。こちらのツイのリプ欄で個人の方が相関図を作っていらっしゃいます。(2016年時点)今と結構違う感じです!

メンバーの中にはご自身でハッシュタグをつけ、メンバー間CP(カップリング)をトレンド入りさせようと企んだり…

クソゲルとはめせもあ。のメンバー、ノックソとフォーゲルのカップリングです。

ノックソとフォーゲルの本当の関係がどうなのかは謎ですが(仲良しであることは間違いなさそうです)オタクの、中でもいわゆるお腐れと言われるジャンルが好きな方の取り込みに成功している印象です。ワタシも好きです。

また、ホビアニジャンルで二次制作物をSNS等で流す際、【年齢操作注意】【女装注意】【女体化注意】といった注意書きをつけるのが通例みたいなところがあったのですが、

めせもあ。のメンバー、とみたけの親族(という設定の)とみたけい子さん。 ”自称”女性アイドルグループ「MissMoa.(ミスモア)」のメンバーです。お綺麗な方ですね。

とみたけが女装して胸にパットを入れたかのような美人さんです。ちょっと何を言っているかわかりませんね。要はなんでもアリということです。

年齢操作に関してもメンバー全員成人済ですし、人によっては最年少(2019年時点で二十歳)メンバーであるあおいのことを「合法ショタ」と称する方もいらっしゃいます。ご本人がどう思われるかは微妙ですが、アイドルは注目されてなんぼだと思うので、個人的には褒め言葉だと思います。

ちょっと長くなったので、この辺で締めようかと思いますが、前述した「Vampire Kiss」や「Shadow Kiss」などのMVはオタクの先達が様々な考察をされていて、何かとそそられます。

まとめ

今の10代20代の方々には考えられないかも知れませんが、我々団塊ジュニア世代が10代20代だった頃もヲタクと呼ばれる人間は一定数いました。

二次元好きな方、三次元好きな方、人それぞれですが、もし沼に引き込みたい年長者がいらっしゃったら上に挙げた魅力3つから、相手の得意分野を見極めてアプローチしてみてはいかがでしょうか。

ワタクシもしばらくはこの沼に浸かっていそうです。

 

MeseMoa.(めせもあ。)はいいぞ。